海外旅行 台湾

海外に行くときに『絶対必要』なアイテム5選!!

海外旅行へ出発するまでに必ず入手しておかなければならず、
なおかつ、事前の手続きが必要なアイテムはこの5つです★

 

  • パスポート
  • 航空券
  • 財布
  • 携帯電話(スマホ)
  • クレジットカード

パスポート 事前準備が必要な代表格!!

初めてパスポートを作る人も、変更や更新などする場合も、
申請してから約一週間の期間が必要になります。

 

3週間は申請に時間がかかると思って余裕を持った準備を心掛けましょう!

航空券 今では『eチケット』という電子航空券のサービスが基本になっています。

メールで送られてきたバーコードを事前に印刷し、
当日空港の自動チェックイン機で利用します。
念のため、「お客様控え」も持っておいたほうがいいです。

財布 財布は二つ用意しておいた方が安心です。

また、海外旅行中は万が一に備え、
取られてもいいような安い財布を持ち歩くといいでしょう。
中身も大金を入れる必要はありません。
出発する前には観光に必要な金額を現地通貨に両替しておきましょう。
観光するときは必要最低限のお金だけ持ち歩きましょう。

携帯電話(スマホ) 最近はスマートフォンの普及に伴って、

海外にいっても現地の無料Wi-FiでLINEやSNSの更新をすることもできます。
ただ、いつでもケータイで通信できる状態にしておきたいなら、
空港などで海外用Wi-Fiをレンタルすることもできます!
安いもので一日数百円から借りることができるので持っていると大変便利です!

クレジットカード クレジットカードは海外旅行に必須です!

クレジットカードさえあれば、お買いものもスムーズになりますし、
海外旅行付帯保険がついているカードを選ぶと
万が一の保険の機能も果たしてくれるので安心です。

 

でも、選び方にはコツと注意点がありますのでこちらで詳しく紹介しています。

 

知らなきゃ怖い、海外旅行でのクレジットカード…

この5つの中でも、一番勘違いしやすく、後々問題に巻き込まれやすいのが、
じつは、『クレジットカード』なんです…。

 

クレジットカードって海外旅行保険もついてるし、
とりあえず出国するとき持っていれば保険入ったことになってる♪という認識は大間違いです!!

 

『海外で買ったものが不良品だったら?病気になったら?万が一、死亡したら…?』

 

海外旅行に行く前はウキウキでそんなことを考えることもないかもしれないですが、
せっかくの海外旅行を何事もなく楽しく過ごすためには、とっても大事なことなんです。

 

事実、わたしの友人はクレジットカードの海外旅行保険の認識を間違えたまま、
海外に出かけ向こうで病気になり、高額な医療費の返済に頭を抱えることになりました。

 

その姿を見て、わたしも海外旅行保険、クレジットカードに対する
曖昧な認識が命取りになるんだ…と思い知らされました。

 

これから海外に行く人はそういったトラブルに巻き込まれないようにちゃんと理解した上で、
どのクレジットカードを持って行くのか、クレジットカードの付帯保険以外に海外旅行保険の加入が必要なのか、
万が一のときどんな保証がついているのかを知ってから海外旅行の準備をして欲しいと思います。

 

詳しくはこちらのページに書いています。
海外旅行のプロで相当自信のある方以外は読んでおいて損はないと思います。

 

スーツケースにパッキングしていきましょう!

 

旅行での楽しみの一つがパッキングです。
めんどくさがる人も多いこの作業。
でも、行先を想像してモチベーションを上げて行くと現地がより楽しくなりますよ〜!
台湾旅行に必要なものは以下のものです★

 

  • スーツケース
  • 身に付けられるバッグ
  • 着替え
  • パジャマ
  • 歩きやすい靴orサンダル
  • 水着(どの地域に行くかによる)
  • 日焼け止め
  • 晴雨兼用折り畳み傘
  • 化粧品
  • 洗面用具
  • タオル
  • 常備薬
  • ウェットティッシュ/ティッシュ
  • エコバッグ/レジ袋
  • コンタクトレンズ/眼鏡
  • パスポートのコピー
  • カメラ/ビデオカメラ

スーツケース スーツケースのサイズは旅行日数により違いますが、

帰国時にはお土産もあるので、少し余裕を持ったサイズを選ぶのがおすすめです。
また、飛行機への積み込みの時に放り投げられることがあるので、
ハードケースの方がいいです。
鍵も安いものでなくきちんとロック出来るものを選びましょう。

身に付けられるバッグ 現地を観光するときには、ウエストポーチやリュックサックがおすすめです。

手提げだと荷物になりますし、盗難にもあいやすいです。
出来る限り常に身に付けておけるものにしましょう。

着替え 観光時に着る服です。

台湾は日本に比べると暑い国ですが、朝晩に冷え込んだり、
クーラーが効きすぎているということもあるので、
羽織れるようなものを必ず一着は用意しておきましょう。

パジャマ 台湾では日本の旅館のように寝間着が用意されていない場合があります。

邪魔にならない簡単なものでいいので、
余分にTシャツとジャージを持って行くといいです。

歩きやすい靴orサンダル 歩きやすい靴は観光には必須アイテムです!!

特に台湾はあったかい気候なので、サンダルがあると重宝します
現地で購入するのもいいですが、履きなれた靴のほうが安心ですよ。

水着 台湾のどの辺りを観光するかによりますが、

台湾の南部「懇丁(ケンティン)」方面に行くなら
海やプールなどのリゾートが楽しめるので持って行きましょう。

日焼け止め 台湾は比較的日差しが強いです。

自分に合う日焼け止めを事前に用意しておきましょう。

晴雨兼用折り畳み傘 台湾は雨が多く、雨があがると日差しがかなり強いので、

女性の方には日傘にもなる晴雨兼用折り畳み傘がおすすめです。
男性は帽子を持って行くと良いかもしれません。

化粧品 女性の方は必須のアイテムですね!

肌のお手入れセットは試供品やトライアル商品などを用意しておくと
現地で使い切って捨てて帰ることが出来るので便利です。

洗面用具 シャンプー、リンス、ボディソープ、歯ブラシ、歯磨き粉など

日本では当たり前のアメニティも
台湾ではホテルにより用意されていないことがあります。

また、身体につけるものなので日頃使っているものを持って行くのがおすすめです。

タオル タオルも備え付けがない場合がありますので、

一枚くらいはバスタオルを持って行きましょう。
また、観光中に暑く汗をかくようなこともあるので、
ハンドタオルなど数枚持っていると活躍してくれること間違いなしです!

常備薬 もしも、日頃から服用しているような薬があるなら必ず持って行きましょう。

よく頭痛薬や胃薬なども持って行けと言いますが、
結局邪魔になることがほとんどなので心配症な人だけでいいと思います。

ウェットティッシュ/ティッシュ 台湾では夜市に必ず行くでしょうし、屋台の利用をするとき

ウェットティッシュがあるとかなり重宝します!
トイレにティッシュが備え付けられていないことがあるので
ポケットティッシュも必須アイテムです。

エコバッグ/レジ袋 台湾のコンビニでは袋は有料になっています。

エコバッグやレジ袋を持っていると無駄なお金を使うこともないですし、
荷物の片付けにも使えるのでレジ袋を持って行くのがおすすめです。

コンタクトレンズ/眼鏡 目が悪い人が絶対忘れてはいけないアイテムです!

わたしも目が悪いので、旅行のときは1dayコンタクトにしています。
眼鏡も忘れず持って行きましょう!

パスポートのコピー 万が一紛失してしまったときにコピーが一枚あると、

証明書として役立つので、カラーコピーしてスーツケースに忍ばせておきましょう。

カメラ/ビデオカメラ 旅行の思い出をキレイに残すためにもあれば一眼レフ、

なければデジカメを持って行きましょう。
最近ではスマホのカメラでも十分きれいですが、印刷したときに差が歴然なので、
スマホより本物のカメラを持ち歩くことをおすすめします。
ちなみにわたしは旅行中は一眼レフより軽いミラーレス一眼を持ち歩いています。
ビデオカメラを持っているのであれば、
動画を残していると思い出も振り返りやすいですよ!

 

飛行機の機内に持ち込めるもの、持ち込めない物リスト

機内に持ちこめるものには決まりがあります。
基本的に100ミリリットルを超える液体はどんなものでもそのままの持ち込みはNGです。
また、持ち込むためにはルールがありますので、持込み方を知っておきましょう。

液体のものを持ちこむためには、透明のプラスチック製で
「タテ20cm×ヨコ20cm」以下でジッパーがついている袋を用意しましょう。
ジップロックが使いやすくおすすめです。容量は1リットル以下とされています。

 

また、この袋に入ったらどんなものでもいいわけではなく、
一つの容器が100ミリ以下のものでないといけません。

この手荷物検査がある場所はスーツケースを預けた後になるので、
もし100ミリ以上の液体のものをスーツケースに入れ忘れたら、残念ながらその場で没収になります。

 

わたしも過去にロサンゼルスからの帰り、
搭乗手続きのギリギリにお土産用にボディウォッシュをたくさん買って
機内に持ち込む鞄に入れていることを忘れてしまったんですが、
現地の検査員にすごい剣幕で、別室に連れて行かれて没収されました…。

 

搭乗中に必要な液体の薬や離乳食、ベビーミルクはOK

機内でも必要な薬の持ち込みは大丈夫ですが、処方箋や診断書を求められることがあるので、
液体の薬を持ちこみたい場合は、必要なことが証明できるものを用意しておいたほうがいいでしょう。

 

また離乳食などは、乳幼児が一緒に飛行機に乗るときだけ許可されるものです。
乳幼児がいない場合は没収されますので注意してください。

 

台湾は近くて、親日国で、治安もいいから安心の旅が出来る★

 

台湾は日本からも約三時間半と近いので、
海外旅行につきものの機内グッズのエアー枕やアイマスクなどは用意するほどでもないです。

 

また、現地での治安は比較的良く、夜市に女性だけで遊びに行ってもなんら問題はありません。
(念のため横道は避けた方がいいかも…)

 

台湾では日本語が通じるという話をよく聞くかもしれませんが、それは行く場所によって異なります。
ツアーで行く場合ならガイドもいますし、日本語が通じるホテルなどが選ばれていることが多いようですが、
個人で行く場合、そういったことは分からないので全く日本語が通じない可能性もあります。
ただ、『漢字』は結構通じるので、話すよりメモとペンで書いたほうが早いかもしれません!

 

わたしは個人的に、日本語がペラペラ通じる国よりも、
通じないほうがより海外にいる気分になれて好みです♪

 

挨拶くらいは覚えているとためになるかもしれませんので紹介しておきますね^^

 

日本語 台湾語(中国語) 発音
ありがとう 謝謝 シエシエ
こんにちは 你好 ニイハオ
すみません 不好意思 プハオイースー
いくらですか? 多少錢? ドォサオチェン?

 

挨拶が出来ると現地の人も好感を持ってくれるので、これくらいは覚えておくといいと思います♪